コーポレートサイト制作について理解を深めよう!

この記事では、コーポレートサイトとは?といった基本的なことから、コーポレートサイトの持つ目的や役割、コーポレートサイトを訪れた人は何を求めてサイトを閲覧するのか、そのために必要なコンテンツは?など、コーポレートサイトを制作するうえで事前に知っておきたい基礎的な内容をまとめました。

コーポレートサイトとは

コーポレートサイトとは、その企業(法人)の顔となる、いわゆる「公式ホームページ」の事を指します。
取引先やクライアントに対し『我が社がどんな会社でどんなことをやっているのか』を知ってもらうための情報を掲載し、オンライン上の会社案内として、企業のイメージアップや信頼性・認知度の向上を担います。

コーポレートサイトの目的と役割

コーポレートサイトは、会社概要、事業内容、サービス・製品紹介、過去の事例や実績の紹介、採用情報、企業理念、ビジョン、沿革、IR、プレスリリースなどのコンテンツで会社の全体像が伝わるように構成し、広く情報を発信する役割を持ちます。
つまるところ「その企業の顔となるWEBサイト」であり、新規顧客や取り引き先、求職者に対して、信用を得ること、信用に足る企業だと思ってもらうことが第一の目的になります。

これを大前提として、その企業の方針や求める成果によって、以下のような副次的な目的を持ちます。

・問い合わせの獲得
・人材の獲得・採用の強化
・業務効率の向上
・社員教育・対内ブランディング

問い合わせの獲得

コーポレートサイトにとって「問い合わせの獲得」は、先程あげた「信用を得ること」と並んで最重要視されることも多く、売上アップのための入り口の一つとして、多くの企業が活用しています。
お問い合わせフォームはもちろんのこと、資料請求、見積り依頼、電話、フリーダイヤル、最近は少なくなってきましたがFAX、などなど、見込客からのファーストコンタクトを獲得するための重要な役割をコーポレートサイトが担っていることは少なくありません。

人材の獲得・採用の強化

コーポレートサイトに求める成果として、人材の獲得・採用の強化を重要視する企業も多くいます。
求職者に対して魅力的に映るような企業ブランディングを行い、サイトを訪れた学生や求職者に「楽しそう・面白そう・やりがいがありそう」といったイメージを与えることを目的にコーポレートサイト全体でそれらを訴求します。

業務効率の向上

新規問い合わせの獲得以外にも、コーポレートサイト内に既存顧客に対するサポートコンテンツを充実させることで、人的な対応コストの削減を目的とする場合もあります。チャットボットの導入によって電話対応の負担を軽減したり、Q&Aページを充実させることで顧客からの無駄な質問を減らしたり、サービス情報をしっかりと掲載することで営業資料を作る工数を削減できたりといった業務効率化を図ることも期待できます。

社員教育・対内ブランディング

対外的なブランディングと信頼性の向上はもちろんですが、コーポレートサイトにはそれと同時に対内的なブランディングと社員教育を担うケースもあります。
会社の理念やビジョンを社員全員の共通認識として浸透させ、組織としての団結力を高める役割としても期待できます。

コーポレートサイトのターゲット

コーポレートサイトは、その目的によってターゲットとなる対象も異なってきます。「誰に」「何を」伝えたいかを明確に定めて、その人が求める情報を適切に発信することが、コーポレートサイト制作にとって大切なポイントです。
では、コーポレートサイトにはどんな人が訪れて、どんな情報を求めてサイトを閲覧するのでしょうか。

既存顧客:営業日や連絡先を知りたい、サポートして欲しい
見込み客・潜在顧客:商品やサービスを知りたい
社員:自社のことを誰かに紹介、説明したい
学生・求職者:求人情報や企業の情報が知りたい
株主・投資家:IR情報が知りたい

既存顧客:営業日や連絡先を知りたい、サポートして欲しい

既に自社のサービスや商品を利用している既存顧客がコーポレートサイトを訪れるケースでは、「利用中のサービス(商品)について何かしら聞きたいこと、対応して欲しいことがある」といった理由がまず第一に考えられます。
そういったニーズを満たすには、連絡先情報やお問い合わせフォームはもちろん、サポート窓口やQ&Aコンテンツなどを設けるとより顧客の満足度を高めることができます。

見込み客・潜在顧客:商品やサービスを知りたい

見込み客や潜在顧客がコーポレートサイトを訪れるケースでは、「自分が今求めているサービスを提供しているかどうかが知りたい」「自分が今抱えている課題を解決できる方法を探していて偶然たどり着いた」または「営業のメールや電話、訪問があったけれど、信用できる会社なのか確かめたい」といった理由が考えられます。
これらのニーズを満たすには、まずはしっかりした会社情報を掲載し、具体的でわかりやすいサービスの説明、サービスを利用したらどんな未来を提供できるのかといったベネフィットとなる情報を掲載することが大切です。

社員:自社のことを誰かに紹介、説明したい

社員・従業員が自社のコーポレートサイトを訪れるケースでは、自分が何かを見たい・知りたいというよりも、それを誰かに見せたい場合が多いのではないかと思います。
例えば営業先や名刺交換会などで自社の説明を行う際や、友人や親族に自分の勤め先を紹介する際などです。
この場合もやはり、まずはしっかりした会社情報、そして、具体的でわかりやすいサービスの説明を掲載することが大切になってきます。

学生・求職者:求人情報や企業の情報が知りたい

学生や求職者がコーポレートサイトを訪れるケースは、「就職先・転職先を探している。就職先の候補の一つとして、会社の情報を調べに来た」という理由がほとんどを占めるのではないでしょうか。
どんな会社で、どんな理念・ビジョンを持っていて、どんな環境なのか。採用情報にはどんな条件が提示されているか、がわかるコンテンツが必要です。

株主・投資家:IR情報が知りたい

投資家がコーポレートサイトを訪れるケースは、「株を買おうか検討している、もしくは株を売ろうか検討している」場合が考えられます。
投資家に投資対象としての魅力を適切に伝えるには、自社がどんなことをしている会社なのか、今後どう展開していくつもりなのかを理解してもらうコンテンツと、それらの最新の情報をリアルタイムでの提供することが重要になります。

コーポレートサイトに必要なコンテンツ

目的やターゲットに応じて、企業が発信すべき情報とユーザーが求める情報がわかったところで、コーポレートサイトに必要なコンテンツとは具体的にどのようなものかを見ていきましょう。
コーポレートサイトを作るにあたって、うちの会社だったらどのコンテンツが必要か?これは必須、これは要らない、これは必須じゃないけどあったらいいな、などを考えながら読んでいただければと思います。

  • 会社概要
  • アクセス
  • サービス案内
  • 製品案内
  • 経営理念・企業理念
  • 代表あいさつ
  • 採用情報
  • 実績紹介
  • 沿革
  • 社員紹介
  • お知らせ
  • スタッフブログ
  • IR情報
  • お問い合わせフォーム

会社概要

コーポレートサイトになくてはならない必須コンテンツです。
会社名、代表者名、役員名、所在地、連絡先(TEL, FAX)、資本金、設立日、事業概要、取引銀行、主要取引先などの要素を、表形式で見やすくまとめて掲載します。

アクセス

最寄りの公共交通機関からの徒歩経路や、車でのアクセスなど、迷わず来社いただけるように最適なアクセス案内を掲載します。
GoogleMapを埋め込んで表示する方法がよく使用されますが、来社がビジネスの起点となるような企業の場合は、イラスト地図などを用いて親切にわかりやすくアクセス経路を掲載するとより良いでしょう。

サービス案内

これもコーポレートサイトにはなくてはならないコンテンツの一つです。
サービス説明、料金、メリット・デメリット、他社比較など、自社サービスの魅力を最大限に伝えられるよう構成と文章を作成する必要があります。
コーポレートサイトとは別にサービスサイトを個別で制作する場合は、サービスの概要のみを網羅的にまとめたうえでサービスサイトへ誘導します。

製品案内

製品の特徴、スペック、利用イメージ、導入事例など、自社製品の魅力を最大限に伝えられるよう作成する必要があります。
より視覚的に訴求できるよう、写真や動画をうまく活用しながらページを構成するとよいでしょう。

経営理念・企業理念

経営理念や企業理念、ビジョン・ミッション・バリュー、社是、社訓、クレドなど、打ち出し方はその企業によって様々ですが、「企業として大事にしている考え方」「目指している未来の在り方」「仕事をするうえでの行動指針」などを掲載します。

代表あいさつ

代表あいさつを掲載することで、会社としての理念や価値観をより具体的な言葉でメッセージとして発信することができます。その企業の代表がどんな考え方を持っているのかを知ることは、求職者や見込み客にとってアクションを起こすキッカケとなり得えます。

採用情報

業務内容、福利厚生、先輩社員の声やインタビュー、職場での1日の様子、募集要項などを掲載し、自社に興味を持った求職者に向けてエントリーを促します。
「どんな会社で、どんな先輩たちがいて、どんな理念で仕事をしているのか。実際に入社したらどんな環境でどんな業務をするのか」を適切に知ってもらい、入社後のイメージを沸かせられるようなページにすると、求職者にとってより魅力的な採用情報ページになります。

実績紹介

自社のサービスや製品にまつわるこれまでの取引実績を、写真やお客さまの声などを交えて掲載します。掲載数は多いほどよく、日々細心の状態に更新されているほど良いため、実績紹介ページにはCMS(更新機能)を導入するケースが一般的です。

沿革

企業の歴史を時系列に掲載します。開業、設立、上場、合併、移転、主要サービスのローンチなど、会社の節目に関する事柄を一言程度で簡潔に記載すると良いでしょう。

社員紹介

スタッフのプロフィールを掲載することで、見込み客にとっては「これから自分を担当してくれる人」、求職者にとっては「これから先輩になる人」の情報を与えられます。
”顔が見える”という圧倒的な安心感を訴求できるため、可能であれば写真付きで社員紹介ページを作成すると良いでしょう。

お知らせ

年末年始の営業日や、臨時休業などの業務的なお知らせ、製品やサービスをリリースした際などのPRとなるお知らせなど、時事的な情報を発信するためのコンテンツです。
リアルタイムでの情報発信が求められるため、CMS(更新機能)を導入するケースが一般的です。

スタッフブログ

自社のブランディングやファンの獲得、コンテンツマーケティングによるSEO戦略などを目的に、スタッフブログを設置するケースも多くあります。
社内での更新運用が前提となるため、CMS(更新機能)を導入するケースが一般的です。

IR情報

投資家や株主に向けて、決算情報や業績・財務情報、株式情報や株主優待などの情報を掲載します。IR情報もCMS(更新機能)を導入し、最新の情報をリアルタイムでの提供することが重要になります。

お問い合わせフォーム

最後にお問い合わせフォームですが、これもコーポレートサイトにはなくてはならないコンテンツの一つでしょう。
サイトを訪れた見込み客の問い合わせ手段としてお問い合わせフォームを設置しておけば、営業時間外であっても24時間365日、いつでもアクションを起こしてもらうことができます。

ゼロからのコーポレートサイト制作?それともリニューアル?

今ご検討されているのは、ゼロからのコーポレートサイト制作でしょうか?それとも既に保有しているサイトのリニューアルでしょうか?
ゼロからサイトを作る場合と、今既にあるサイトをリニューアルする場合とでは、企画の内容や注意しなければいけないポイントが変わってきます。

「ホームページのリニューアルについて理解を深めよう!」のページでは、リニューアルするべきホームページの特徴から、ホームページをリニューアルする際にとても重要となる「目的」について、リニューアル時のよくある失敗例と失敗しないために注意すべきこと、そしてホームページリニューアル費用の一般的な相場と、当社がご提示するお見積りに関する内容まで、ホームページリニューアル制作を発注する前に最低限知っておきたい内容をわかりやすくまとめていますので、是非ご一読ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事では以下のような内容をお伝えしてきました。

  • コーポレートサイトとは、その企業(法人)の顔となる、いわゆる「公式ホームページ」の事。
  • つまるところ「その企業の顔となるWEBサイト」であり、新規顧客や取り引き先、求職者に対して、信用を得ること、信用に足る企業だと思ってもらうことが第一の目的。
  • 信用を得ることの他にも、問い合わせの獲得、人材の獲得・採用の強化、業務効率の向上、社員教育・対内ブランディングなどの副次的な目的を持つ。
  • コーポレートサイトを訪れるユーザーの属性によって、求める情報が違う。
  • ターゲットを明確に定めて、ターゲットの求める情報を適切に掲載することがコーポレートサイト制作では重要なポイント。

コーポレートサイト制作をご検討いただく際の参考になれば幸いです。

ウェブサイト制作サービス一覧へ戻る