リクルートサイト制作について理解を深めよう!

この記事では、リクルートサイトとは?といった基本的なことから、リクルートサイトの持つ目的や役割、リクルートサイトを作るべき理由、求職者の求めるコンテンツなど、リクルートサイトを制作するうえで事前に知っておきたい基礎的な内容をまとめました。

リクルートサイトとは

リクルートサイトとは、その名の通り「求人」「採用」に特化したホームページです。
取引先やクライアントではなく、『就職先・転職先を探している求職者』に向けて『我が社はどんな会社で、どんな先輩たちがいて、どんな理念で仕事をしているのか。実際に入社したらどんな環境でどんな業務をするのか』を知ってもらうための情報を掲載し、公式の採用サイトとして、より良い人材の採用を担います。

リクルートサイトの目的と役割

リクルートサイトは、給与、福利厚生、先輩社員の声、職場での1日の様子、代表メッセージなどを掲載し、自社に興味を持った求職者に向けて情報を発信する役割を持ちます。
サイトを閲覧した求職者に「この会社素敵だな」「ここで働きたいな」と感じてもらい、エントリーを促すことが第一の目的です。

しかしリクルートサイトを作ったとて、リクルートサイトからの直接的な応募(エントリー)はさほど期待できません。
求職者からの人気が高い名の知れた大手企業であれば話は別ですが、一般的な企業がリクルートサイトを作ったとしても、求職者にアクセスしてもらう事自体がまず困難だからです。
採用系の検索ワードは、そのほとんどを大手人材会社の求人媒体サイトが独占しています。「株式会社◯◯(貴社名)+採用」などのキーワードで検索してもらえれば直接的な流入は期待できますが、そのようなキーワードで検索してくれる求職者がいったいどれくらいいるでしょうか。

売り手市場と言われている現代、人材の獲得は容易ではありません。自社のホームページだけで成果を出そうとするのは現実的とは言えず、どうしても求人媒体などの採用支援サービスの利用を前提に考える必要があります。

では、そんな中でリクルートサイトを作成する理由はなんでしょうか。
一言で言えば、「採用支援サービスの効果を最大化させる」ことです。
求人媒体などで就職先を探している求職者は、気になった企業のホームページを”必ず”見に訪れます。求人媒体では、あらかじめ決められたフォーマットに沿った情報しか知ることができないため、それ以上の情報、もっとリアルな職場の情報を求めて求職者は採用サイトに訪れます。

「いいことばかり書いてあるけれど、この会社に応募して本当に大丈夫かな?」
「実際に働く現場の様子がよくわからないな…」
「この会社の社長や上司、先輩になる(かもしれない)人たちは、どんな人なんだろう?」

こんな不安を解消するため、つまりは「この会社で働きたい」という確信を得たいために、求職者は求人媒体に載っていないより詳しい情報を求めるのです。
そんな時にリクルートサイトが存在していなかったとしたら、求職者は疑問や不安を解消できないままエントリーへの一歩が踏み出せずに去っていってしまいます。

つまり、リクルートサイトの本質的な目的は、それらの不安を解消し、悩んでいる求職者の背中を後押しすることです。求職者の不安を取り除き、「この会社で働きたい」という確信を与えることができれば、採用支援サービスからのエントリー数を最大化させることが可能です。
数だけに留まらず、事前に自社の情報を詳しく調べてきてくれたり、しっかりした志望動機を書いてくれたりと、きちんと意欲を持った「質の高いエントリー」を集めることにも繋がります。

リクルートサイトのターゲット

リクルートサイトのターゲットはズバリ『就職先を探している人』です。さらに言えば、就職先を探している人の中でも、「こういう人はうちの会社には合わないだろうな」「こんな人材に来てほしいな」といった理想の人材像があると思います。
年齢層や性別、性格、考え方、スキル、経験、人柄、などなど、どんな人を採用したいのか、採用したい人物像を想像してみてください。今ご想像いただいているその人物像こそが貴社のリクルートサイトのターゲットです。
その人物像をペルソナとして、リクルートサイトに掲載する自社のアピールポイントや、全体のデザイン、色、テイストを決定していきます。

また、「わたしたちが一緒に働きたいのは、こんな考えやこんな経験を持ったこんな人です」という自社の求める人物像を明確に記載しておくことも重要です。そうすることによって、「俺(わたし)当てはまってる」と思った方からのエントリーは高い確度で期待できます。

コーポレートサイトとリクルートサイトを分けて作るべき理由

コーポレートサイト(企業サイト)の中のひとつのコンテンツとして採用情報を掲載するのが一般的だった頃に比べ、独立したひとつのサイトとしてクルートサイトを作る企業が増えています。
コーポレートサイトとリクルートサイトを分ける理由は単純で、発信する情報のターゲットを学生や求職者に絞ることができるためです。

コーポレートサイトは、取引先や見込み客、株主など、さまざまなステークホルダーに向けて作成するため、どうしても求職者へ向けた情報が薄くなってしまいます。また、企業としての信頼性を重視する必要があるため、全体的に堅く無機質なイメージになりがちです。

対してリクルートサイトに求められるのは、もっと人間味を感じられるコンテンツです。離職理由の9割が「人間関係」と言われている現代において、求職者が本質的に求めている情報はその会社の中の「人」なのです。求職者にポジティブな印象を与え、実際に働いているイメージを持てるよう、デザインもコンセプトもコーポレートとは違った切り口で構成する必要があります。

実際に、80%以上の求職者が応募の前に採用サイトを閲覧していることをご存知でしょうか。
就職活動や転職活動をしている求職者が求人媒体で気になる企業を見つけた際、そのまますぐにエントリーするケースは非常に稀です。エントリーする前にその企業の情報を丹念に調べ「良さそうな会社」だと思った時に初めてエントリーを行います。

直接視覚に訴えることのできる写真や動画などをたくさん使って、職場の雰囲気、先輩社員、代表の人柄などが感じられるリクルートサイトに仕上げることが重要です。

リクルートサイトに必要なコンテンツ

実際に、求職者は企業のリクルートサイトにどのようなコンテンツを求めて訪れるでしょうか。
給与や福利厚生などのような求人媒体で確認できる情報は当然掲載する必要がありますが、求職者が本当に知りたい情報は、「実際にこの会社で働くことになったとしたら、どんな環境でどんな業務をするのか、そしてどんな先輩たちがいるのか」といった『現場のリアルな情報』ではないでしょうか。ライブカメラで職場の様子を覗き見れるのであれば覗き見たい、そんな心情だと思います。

それを踏まえて、リクルートサイトに必要なコンテンツはなにかを具体的に見ていきましょう。
リクルートサイトを作るにあたって、うちの会社だったらどのコンテンツが必要か?これは必須、これは要らない、これは必須じゃないけどあったらいいな、などを考えながら読んでいただければと思います。

  • 募集要項
  • 事業内容
  • 経営理念・企業理念
  • 求める人物像
  • 先輩の声やインタビュー
  • 職場での1日の様子
  • 具体的な仕事内容
  • 代表からのメッセージ
  • 現場の写真・オフィスの写真
  • 現場の動画・オフィスの動画
  • お知らせ
  • アクセス
  • エントリーフォーム

募集要項

リクルートサイトになくてはならない必須コンテンツです。
雇用形態・応募資格・募集人数・給与・勤務地・勤務時間・休日休暇・福利厚生・応募方法などの要素を、表形式で見やすくまとめて掲載します。

事業内容

自社がどんな事業を行っているのか、企業としてどのようなことに取り組んでいるのかを掲載します。「なにをやってるのかよくわからない会社」だと思われるのはリクルートサイトとしては良い状態とは言えないため、求職者にとってわかりやすく記述する必要があります。

経営理念・企業理念

経営理念や企業理念、ビジョン・ミッション・バリュー、社是、社訓、クレドなど、打ち出し方はその企業によって様々ですが、「企業として大事にしている考え方」「目指している未来の在り方」「仕事をするうえでの行動指針」などを掲載します。

求める人物像

どのような人に応募して欲しいのかをできるだけ明確に掲載します。新卒採用の場合は、仕事に対する考え方やスタンス、これまでの活動で大事にしていることなどを中心に、キャリア採用の場合はそれに加えて必要な経験やスキルなどを記載すると良いでしょう。

先輩の声やインタビュー

リクルートサイトの中でも重要度の高いコンテンツです。今現在働いている方々のプロフィールやインタビューを掲載します。掲載する内容は企業によって様々ですが、以下のような内容が一般的です。
・プロフィール:名前(イニシャルやニックネームも可)、部署、入社年度、趣味、特技 など
・インタビュー:職場の雰囲気は?、仕事のやりがいは?、職場に対する不満は?、求職者へのメッセージなど

先輩の声は、可能な限りたくさんの人を掲載し、できれば顔の見える写真を載せましょう。そして、良い点ばかりではなく、悪い点も含めて、できるだけリアルな声を掲載できることがベストです。なぜなら求職者が求めている情報こそが、まさにこの部分に凝縮されるからです。

職場での1日の様子

時系列で職場での1日の流れを掲載します。(先輩の声の中に含めるケースも多いです)
この部署のこのポジションの人は、どういった1日を過ごしているのかを掲載し、求職者が実際に働いた場合のイメージを想像しやすくするためのコンテンツです。
例えば営業部のAさんの場合は、毎朝何時に出社して、会社に着いたらまず初めに何をして、何時頃お昼を食べて、午後はどんな業務をこなし、何時頃に退社するのか。そんな内容を部署やポジションごとに掲載していきます。

具体的な仕事内容

こちらも重要度の高いコンテンツです。「入社後、どんな仕事をするのかよくわからない」という状況は、新卒採用であればまだしも、キャリア採用の場合は求職者にとって大きな不安要素になり得ます。
入社後に担ってもらう仕事内容を出来る限り具体的に記載し、「この会社で仕事をしている自分」を求職者がより鮮明にイメージできるようにすることが重要です。

代表からのメッセージ

代表からのメッセージを掲載することで、会社としての理念や価値観をより具体的な言葉で求職者に発信することができます。その企業の代表がどんな考え方を持っているのかを知ることは、求職者にとってアクションを起こすかどうかのひとつのキッカケとなり得ます。

現場の写真・オフィスの写真

リクルートサイトにとって写真の掲載はとても重要な役割を担います。求職者がサイトを閲覧しに来た際、同じ画面の中に文字と写真があったとしたら、まず最初に目に入るのが写真だからです。そして、その写真をみて「興味無し」と判断したら、文字を読んでさえ貰えません。
また、写真は文字に比べて与えられる情報量がとても多いです。求職者は職場の雰囲気やそこで働いている人の雰囲気などを写真から判断しようとします。
キレイな写真やスタッフが笑顔で写っている写真などをできるだけ沢山掲載しましょう。

現場の動画・オフィスの動画

動画を使うというのも有効な手段の1つです。
写真は文字に比べて与えられる情報量が多いと書きましたが、動画はさらに多くの情報を与えられます。実際に動画を大きく使ったウェブサイトが近年増加傾向にありますが、動画を使用することによって閲覧者にインパクトを与え、印象に残しやすくなります。ご予算に余裕がある場合は、是非動画の作成を検討されてみてはいかがでしょうか。

お知らせ

採用に関する各種お知らせや、説明会・採用イベントなどの開催情報などを発信するためのコンテンツです。リアルタイムでの情報発信が求められるため、CMS(更新機能)を導入するケースが一般的です。

アクセス

最寄りの公共交通機関からの徒歩経路や、車でのアクセスなど、迷わず来社いただけるように最適なアクセス案内を掲載します。
面接などで求職者の方に来社してもらう必要があるため、GoogleMapの埋め込みはもちろん、場合によってはイラスト地図などを用いて親切にわかりやすくアクセス経路を掲載すると良いでしょう。

エントリーフォーム

最後にエントリーフォームですが、これもリクルートサイトにはなくてはならないコンテンツの一つでしょう。
メインの誘導先を、出稿している求人媒体にするケースも多いですが、自社のリクルートサイトからエントリーしてくる求職者は、求人媒体からのエントリーよりも入社意欲が高い場合が多いです。
自社のリクルートサイトにエントリーフォームを設置しておけば、24時間365日、いつでも求職者からのアクションを受け取ることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本記事では以下のような内容をお伝えしてきました。

  • リクルートサイトとは、「求人」「採用」に特化したホームページの事。
  • 求職者が感じている不安を解消し、「この会社で働きたい」と感じてもらい、求人媒体や自社サイトからのエントリーを促すことがリクルートサイトの目的。
  • 求職者の中でも、自社が考える「採用したい理想の人物像」こそがリクルートサイトのターゲットであり、その人物像をペルソナとしてコンテンツやデザインを決定する。
  • 80%以上の求職者が応募の前に採用サイトを閲覧している。
  • 写真や動画などをたくさん使って、職場の雰囲気、先輩社員、代表の人柄などが感じられるリクルートサイトに仕上げることが重要。

リクルートサイト制作をご検討いただく際の参考になれば幸いです。

ウェブサイト制作サービス一覧へ戻る